1件ずつ表示 
2014.05.06 Tue

天皇賞(春) 2014年 結果

天皇賞春2014結果

ウインバリアシオン
完全な復活ですねオルフェーヴルが引退した現在
最強の馬だと思っていました
騎手の急な乗り替わりといい
不運な面が見られましたが最後の不運は
フェノーメノに内側をうまくすくわれたということですかね

フェノーメノ
この馬って、確か距離の不安で菊花賞よりも天皇賞(秋)へ行かなかったっけ?
この馬の陣営のコメントでは走る前は昨年ほどの出来ではない
レース後では180度逆のコメント・・・
レースセンスは認めるし蛯名騎手の騎乗もさすがの一言ですが
陣営に騙され続けるのは・・・ちょっと悲しい
明らかに、2400m以上のほうがパフォーマンスも高いように見られる

ホッコーブレーヴ
驚かされた一頭
終いの脚はあると思っていましたが
ここまでとは、正直キズナ以上の脚はないと思ってましたが
しっかりありました
田辺騎手の我慢強さにもお見事の一言

キズナ
距離への不安が的中でした
凱旋門賞でも直線で伸びきれなかったし
ディープの仔というのもマイナス要素と考察
ベストは2000m前後ですよね
天皇賞というよりも安田記念に出てほしかったのが本音

ゴールドシップ
出遅れから始まりばたばた劇場でした
こんだけ癖のある馬なんですから
ウチパクさんにのってもらいたかった
マックイーン×ステゴの最強血統は天皇賞(春)は鬼門のようです

サトノノブレス
前に行った点は正解だと思う
個人的には2番目にこのレースでいい競馬をした馬

スポンサーサイト
Category: 長距離 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

この記事へコメントする:


    

この記事のトラックバックURL:

http://kanazirou.blog.fc2.com/tb.php/834-1c7a8a9e

この記事に対するトラックバック: